洋食を食べる際には、テーブルマナーを知っているのと知らないのとではその食べ方や様々な立ち振る舞いに大きな評価の違いが出ることが少なくありません。普段あまり意識せずに使っていると言う人でも、その使い方が誤っていると思わぬところで恥をかいてしまうのです。そのため最低限のマナーを知っておく事は非常に重要なポイントとなっています。 フォークやナイフの使い方は特に細かなところで差がつくものですが、その中でもフォークは意外と知らないと言う人が少なくありません。

正統な使い方

自分が食べやすいように使えば良いと言う人も多いのですが、正式なフォーマルの席などではそのマナーを知っているのと知らないのとでは大きな差がつきます。そのため、基本的な使い方を知った上で、状況に応じて使い分けることも非常に多くの人の注目を集めるポイントとなってきます。 基本的にはフォークは左手で背の部分を上にして使うのが一般的で、これを逆にして使うのはテーブルマナー違反とされています。レストランでご飯などが出たときに食べやすいからと背の部分を下向きにして使う人も多いのですが、これは正式な席では決して行ってはいけません。基本的にはナイフを上手に利用しながらその部分に乗せ食べるのが一般的となっています。どうしても食べにくい場合には、端などをもらうのが良い方法です。

フレンチの技法

最近ではフランス料理店でも箸を用意しているところが多いので、気軽に頼んでみるのも良いものです。 また食事中に落としてしまった場合には。自分で拾おうとせず、係りの人に拾ってもらうのがマナーです。この場合には新しいものに交換してくれることもあり、これらの1連の動作をスマートに行ってくれるので周りの注目を集めることもありません。逆に自分でテーブルの下に潜ってしまったりすると非常に目立つ行動となり、テーブルマナーの上では恥をかくことになるので注意をしたいものです。 食器は料理に合わせて複数のものが用意されることも多いのですが、この場合には外側から使うように並べられているのが一般的です。そのため外側から使うのが基本であり、使いやすいからと途中のものを選んではいけません。 食べ終わった際にはナイフとフォークを皿の上で右側に並べておくのがポイントで、このときにはフォークを上側に向けておくのが基本です。逆に食事中にこれらを皿の上に置く場合には、ハの字型に置くとともに背の部分を上に向けておくのがポイントとなります。これらのマナーを覚えておくだけで、テーブルマナーの基本を理解していると評価されるので、覚えておくと便利です。